2019年01月22日

《Y・12 DIMENSION コード》の体験❣

 こんばんわ。昨日もヒーリングでお世話になり有り難うございました。バイブレーション《Y・12 DIMENSION コード》で身体のあちこちの痛みやダメージ、違和感が一気に無くなりラクになりました。背が伸びたように上に引き上げられ細長くなったみたいに感じました。身体が軽くなり動くと全身の関節が解らないほど柔らかく歩け、散歩しても疲れもなく常にスッキリしています。

 頭も心も静かで気持ちの浮き沈みがなくフラットな状態で集中出来ているので家事も1つに掛かる時間が短縮出来てサッサと終わっていきます。本を読むと文章を吸ってるみたい、理解もしっかり出来て楽しく読み進めることが出来、とっても速かったです😅引き寄せも試しましたが重たいモノは軽く、本の読む速さも加速して変化が大きかったです。

 ヒーリングを試そうと子供に触れてみたら、あっという間、痛むところ一部分と言うより全体を一気に一掃という感じで規模が大きかったように感じました。“ヤバい全身筋肉痛だ〜”とわめいていた子が大人しくなりました(笑)。良く解らないけど、大きな変化が起きた部分をお伝えさせて頂きました。有り難うございました。
posted by 本多和彦 at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タダノGGIかBBA

 やっぱりそうでした。フラストレーションが脳内に蓄積されると思考が破壊や否定・負の方向に向く様でございます。先程お電話を頂戴した方も『悪い方に悪い方に考えが行ってしまうので何とかして欲しい』との事でした。脳内を『感診』すると原因はフラストレーションが脳内に蓄積されていました。食に走れば一時的に脳内のフラストレーションを静める事が出来ます。でも『一時避難』みたいなモンで基本的な解決とは言えません。昨夕の方もフラストレーションが脳内に蓄積されていました。

 『ストレス』は外部からやって来ますが、『フラストレーション』はご自分の中から湧き出るモノでございます。この違いを知って欲しいと思います。ですから『ストレス』は異物として処理する事が出来ますが、『フラストレーション』はあなたご自身でございますので簡単に処理はできないモノでございます。溜池の水は『排水可能』ですがコンコンと湧き出る泉の水は『排水不可』でございます。水位を少し下げるだけでございます。しかしフラストレーションは若さの源でございます。フラストレーションが無くなったらタダノGGIかBBAでございます。泉の水が枯れてしまったのと同じでございまして誰も見向きをしなくなります。

 そんな訳で朝から訳の解んない事を宣っている《アホ》なボロ爺和ちゃんでございます。時々悟った様な事を口走ってしまう変なGGIでもありますのでお気を付けアソベでございます。今日こそは静かな刻を贅沢に過ごす所存でございます。要は『半落ち』主導の一日に成ろうかと思っております。       敬具
posted by 本多和彦 at 09:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

許してタモレでございます

 今日の室温は15度と暖かい朝でございます。お外もきっと暖かいと思います。もう早春ですかねェ、雪の姿はまだ見ていません。北国は大雪とかで羨ましいですねェ。も少しお天気お姉さん達に頑張って欲しいと思います。本気で気象庁さんと掛け合って少しは雪を降らせて欲しいです。ソン位の気概が欲しいと思います。《アホ》なボロ爺和ちゃんはお天気お姉さんの大のファンですからねェ。頼みますよ!。

 早朝より無理な願い事をしてしまいました。でも願えば叶うでございましょう。ド〜〜〜言う事に成るのか楽しみでございます。さてさて話は強制的にコロリと変えてしまいますが昨日創った『12次元のヒーリングメソッド』は大好評でございました。治療現場ではカナリ期待が持てる様なそんな感触でございました。僅か3秒で心身を癒してくれます。その名はバイブレーション《Y・12 DIMENSION コード》と申します。アレコレの理屈はイッチョン解りませんが、基本的に患者さんに楽に成って頂ければそれで良いと思っています。荒っぽい言い方ですが《アホ》なボロ爺和ちゃんはその様にお考えでございます。

 そんな訳で昨夜迷惑メールに喰い付いてしまいい反骨精神で創ってしまったバイブレーション《Y・12 DIMENSION コード》でございます。ただ単に迷惑メールの『11次元のヒーリングメソッド』を超えたかったダケでございます。他意は全くございません。それで『12次元のヒーリングメソッド』を創っただけの事でございます。それがバイブレーション《Y・12 DIMENSION コード》でございます。《アホ》なボロ爺和ちゃんを許してタモレでございます。
posted by 本多和彦 at 06:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする