2017年12月18日

前世は『薩摩の守忠則』?

 朝の自主トレからは無事に生還出来たんだけど、帰って来て色々と考えてしまいました。『人ってド〜〜〜して恐怖を持つのだろうか』ってねェ。高所恐怖症とか閉所恐怖症だとか色々有りますよねェ。実は恐怖ってストレスなんです。もしも全ての恐怖の存在が無くなったら人はノンストレスと成り緊張から解放されます。しかもあらゆる冒険が可能と成りますので、人生での成功の確率が飛躍的に高まります。そして解ってしまったのです。オーストラリアのクイーンズランの脳研究所で、有る遺伝子を操作する事によって恐怖を排除する事が可能と解ったそうでございます。

 研究なんて出来ない《アホ》なボロ爺和ちゃんは、その研究結果に飛び乗る事が得意でございます。そこで即座に乗ってしまいました。キット恐らく《アホ》なボロ爺和ちゃんの前世は『薩摩の守忠則』ではないかとの噂も有る程でございます。何の話かイッチョン解らなくなってきました。そうそうその遺伝子は5-HMCと言うモノで、そこで誕生したのがバイブレーション《Y・5-HMC コード》でございます。この遺伝子を活性化する事で恐怖は解消され、この遺伝子を不活性化する事で強い恐怖を感じる事に成ります。ストレス一杯の緊張した人生を送るか、ストレスフリーの満たされた人生を送るのかを選択ができる時代に突入したと言えるでしょう。

 そんな訳で今日真面目に考えてしまい、世のため人のために尽くす人生を選択してしまいました。でも《アホ》なボロ爺和ちゃんは東京タワーの展望台のガラスの床の上へ立つ事が出来ません。だって割れたらドウスンノでございます。そんな危険な事をしなくてもイ〜〜〜ジャンでございます。
posted by 本多和彦 at 18:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする