2017年12月23日

『托鉢』

 さて今日は祭日クラスの講習会の日でございます。何だか良く解らないけど人は何故アグレッシブな態度をとるんでしょうかねェ。そんなに自己主張しなければナランのでしょうか。《アホ》なボロ爺和ちゃんにはイッチョン解りません。ドッチかと言うと揉め事が大の嫌いなGGIでございますので、なるだけ穏便に済ます事を旨としております。だからこちらの方からガラガラとシャッターを下ろす事にしております。そんなに勝敗が大事な事でしょうか。面倒臭い事にはなるだけ触れない事にしています。マァハッキリ言って負け癖満載の《アホ》なボロ爺でございますからねェ。

 話しはコロリと変わりますが『托鉢』と言うモノをご存知ですか。昔は修業をしているお坊さんがこの托鉢を持って家々を回っていました。托鉢に応じる者の幸せを願ってのモノでございます。与えられる者より与える者の方が幸せなのでございます。これが本当の『托鉢』の意味でございます。それは今も連綿と続いていますが本来の意味からかけ離れた理解をされている様でございます。何でこんな事を書いているのかイッチョン解りませんケドね。でも今日の祭日クラスの講習会は何となく燃え上がる様な気がしてきました。気がするだけでございますからねェ、余り気にしないで下さいマセマセでございます。

 そんな訳で今日はカナリ燃え上がる予定に成っております。話の内容もかなり切り込んだモノに成ろうかと思います。これから心の準備をして皆さんのご質問に耐えられる様にしておきます。甘い香りの美味しいコーヒーもしっかり準備をしてお待ちしております。
posted by 本多和彦 at 09:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする