2019年09月13日

恐怖は脳内コルチゾール

 先程千葉県で台風被害を受けた方からお電話を頂戴しました。まだ『身体がフワフワ浮いている様な気がする』と言う事でございました。そこで脳内のコルチゾールを感診すると異常に増えた状態でございました。強い恐怖に晒された状態でございます。このまま放置して置いたら常に恐怖状態が続く事に成ります。そこで脳内コルチゾールを正常な状態に戻してみました。そしたら『元に戻りました!』と言う返事を頂戴しました。脳内コルチゾールが多いままだとチョツトした風でも扇風機の風でもエアコンの風でも恐怖を感じる事に成ります。

 今の医学では脳内コルチゾールのコントロールは出来ません。恐怖を抑えるためには薬でボ〜〜〜ッとした状態にするだけでございます。ネェ!『胡散臭い』でしょう。でもご自分ではこれが普通の事でございますので、ジャぁ〜〜ご自身でやってみたらでございます。地震も含め災害で受けた恐怖は、脳内コルチゾールの値が非常に高くなっているだけでございます。正常値に戻す事で恐怖を消す事が出来ます。《アホ》なボロ爺和ちゃんがやっている事だから皆さんもやってみたらでございます。『胡散臭く』成っちまうかも知れませんよ。何だか新幹線に乗る前にまた日記を書いてしまいました。ホントに暇で忙しいGGIでございます。

 そんな訳で朝からニュースを提供して頂きました。有り難い事でございます。『神様!私は裕福で健康な日々を過ごさせて頂いております。有り難うございます』でございます。さてボチボチお出掛けの準備をしょうかなァ。『雨の御堂筋』が待ってます。今度こそ新幹線の中でお会いしましょうねぇ。バイバイ!!!!!。
posted by 本多和彦 at 08:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする