2020年09月15日

『不幸街道』or『幸せ街道』

 ご自分で不幸を選ぶのだったら不幸がお好きなんだからその方の思いをリリースしてあげるのが一番です。回りは気にしない事が一番だと思います。そこで気にして意見を言ってあげても当のご本人は『理解してくれない!』と思う事でしょう。意見をしたあなたも心を乱してしまいます。無理・無駄な事だと否定されて終わりでございます。ご本人が気のすむまで見てて上げて下さい。それがホントの優しさでございます。その終点が何処であってもそこに辿り着いたのはご本人の選択肢だったんでございます。

 多くの人は不幸の道を選んで不幸に辿り着いています。それを見ている《アホ》なボロ爺和ちゃんは『皆さん方は不幸がお好きなんだなァ』と眺めております。それを『冷たい人!』と思う方もいらっしゃいます。でもホントはそんな方たちの自主性を認めている優しいGGIでございます。もし不幸がお嫌いだったら考え方を変えれば済む事でございます。『私は幸せが大好きだ!』と変えてしまって幸せを選べば良いだけの事でございます。私たちは毎日多くの岐路に立たされています。それを選んでいるのはあなたご自身でございます。『不幸街道』を選んでも良し『幸せ街道』を選んでも良しあなたの自在でございます。

 そんな訳で今朝は訳が解らん事を書いてしまいました。ボチボチお出掛けの準備をします。今日も暇で忙しい優雅な刻を過ごさせて頂きます。《アホ》なボロ爺和ちゃんは『幸せ街道』まっしぐらでございます。
posted by 本多和彦 at 06:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする